ご使用の注意&洗濯方

          布ナプキンご使用の注意

 

*ナプキンを交換する際、トイレに布ナプキンを落とさない様に、お気を付け下さい。慣れれば意識しなくても、落とす事はなくなりますが、市販のナプキンのご使用が長い方は、はじめは交換時にお気を付け下さい。

*ご心配の方にはホルダー使用をお勧めします。

(ホルダーはスナップで固定する為その心配はありません)

*アイロンは中温以下にて、必ず当て布をして下さい。高温で直接あてると、透湿防水シートや糸のちじみがおこります。

 

 

                                   布ナプキンのお洗濯方法

          初回ご使用前に、1度お洗濯をする事をお勧めします。

         コットンの油脂が経血をはじく場合があります。

   

つけ置き  

 

布ナプキンのつけ置き前に、水洗いで汚れを落として下さい。
汚れを落としてからつけ置きをする事でシミになりにくくなります。

水1Lに対してセスキ炭酸ソーダ大さじ1杯弱を入れた、つけ置き水を作ります。

水洗いした使用後の布ナプキンを入れて半日~1日つけ置きして下さい。

 汚れが酷い時にはつけ置き時間を長くして下さい。水はつけるたびに取り替えて下さい。

 

洗濯  

 

つけ置きが終わったら、すすいで、洗濯ネットに入れて洗濯機へ。
(汚れが落ちたら他のお洗濯物と一緒に洗ってもOK

 手洗いの場合もすすぎと脱水は十分に行って下さい。

 

お洗濯時の注意点

乾燥機の使用は、縮みや型崩れ傷みの恐れがありますので、ご使用はお避け下さい。
血液が残ると細菌が繁殖する原因になりますので、十分にすすいで下さい。
柔軟剤は種類により、経血をはじく場合があります。ご使用はご注意下さい。

 

 

干す  

 

形を整えて干して下さい。お日様の下で日光で干すと天然の殺菌効果があります。
充分に乾いていない状態では使用しないで下さい。生乾きはカビの原因となります。
家族の目が気になる方は、ハンカチやタオルなどを使って目隠しする事をおすすめします。

 

セスキ炭酸ソーダ

 

重曹と炭酸の中間の物質です。油汚れや血液汚れに強く、布ナプキンには欠かせないアイテムです。つけ置き洗いでスッキリ落ちます。又キッチンやレンジ周りの油汚れにも強い味方です 。しかし生地により変色の可能性があります。

モスグリーンの生地は変色傾向にあります。ご使用はお控えください。